スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍刃道場の日常その3

――社長室にて

「全く……何を考えてるんだか……。はい、これで終わりっ!」

 ペシッ

「痛っ~~~~~~~~!! 上原さん、もう少し優しくしてくれてもいいでしょ?」
 ライラに負わされた傷に貼ってある絆創膏を交換した上原が傷口をパシンと軽く叩いたのだ。
「優しくしてもらえるような事をしたのか?」
「いや……それは……」
 言葉に詰まる龍子。
 乱入とは言わないまでも、試合に介入した事に変わりはないし、そのことで勝敗が大きく傾いたことも否めない。
 主催者や百鬼夜行からのクレームがあってもおかしくはないぐらいだったのだ。
「私が引退したら、龍子が皆を引っ張っていかないといけないんだぞ。そのお前がすぐに熱くなってどうする? デビューしたての頃とは違うんだぞ?」
「いや、上原さん引退するには早いって!!」
 突然の引退宣言に慌てる龍子。
「先の話だが、いずれはそうなる。問題はそこじゃないだろう?」
「いや、でも、第一、あのライラってヒヨッコやりすぎだったじゃないですか?」
「そう思ったらどうしてタオルを投げ入れなかった? ルールに明記されていなくても団体関係者がすれば試合を止めることも出来たはずだぞ」
「……」
 再び言葉に詰まる龍子。
「そんなに心配なら傍についていてやれ。会長には私が説明しておく」
「別に心配なんかしてないですよ! ただ……」
「ただ、何だ?」
「いえ、何でもないです。ご迷惑をお掛けしました」
 椅子から立ち上がり、頭を下げて部屋から出て行く龍子。
 それを止めずに見送る上原。

「龍子が動いてくれたら、よかったんだが……意地っ張りにも程がある。育て方間違ったか?」
 上原は前髪をかきあげて、すっと椅子から立ち上がる。
「バイト代の出ない仕事は増えるわ、電話で嫌味は言われるわ……最近ついてないな……はぁぁ」
 机に両手をついて大きな溜息をつくと上原も部屋を出ることにした。
 
 弟子は師に似る

 ガラスのハートの上原さん
 素直になれない龍子

 そんな二人が所属する龍刃道場を赤裸々に書きたいと思っています。

 公式と違う?そんなの飾りですよ。それが一般人には分からんのです(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

No title

うちも公式から外れまくっていますが(大爆)
なんてたって、悠里のコーチに今日子&葉月をつけていますから・・・

柊さんの所の悠里ちゃん、頑張っていますね・・・
ちなみにうちの所はのほほんさだけに磨きがかかっているような・・・
もともと温厚なのがますます温厚に・・・・
まあ、それがうちの良さでもあるんですけどね。

P.S 予想ありがとうございます。レースの模様は日曜日更新の予定です。

Dolphinさんへ

悠里を応援してやって下さいね。

ウチの悠里も普段はのんびり屋さんだと思うんですけどねー。
ファンの数だけレッスルの世界があるんですよー。そう思うと楽しいですから。

どうでもいい呟き……
コミケ行きたかったなぁー(笑)
まったりとプレイ中・・・ではない
Web 恋姫†無想 張遼を育成中!
興行日程
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィールなのか?

上原 柊

Author:上原 柊
画像は、玉倉かほ様の了承を得て貼らせて頂いております。

胡蝶の夢

誰も読んでないと思うけど、恋姫話は現在↑のところで書いてます。無謀もいいとこですが、、まあいけるとこまで行くぜって感じで。

FC2カウンター
なにかあれば、コチラ
拍手する
検定
なんとなくやってみた。頑張った。
最新記事
最新コメント
リンク
なにわんGP楽しかったですねー
なにわんGP応援中!
ζ'ヮ')ζ<よみますよぉー
『4ページマンガ最前線』 | 最前線
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。