スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十六夜とくれば……京也(古いなあ……俺www)

「お、いたいた。美響~」
「社長? 止まった方がいいわよ」
「何? 何だっ――」

 ガッシャーン

 ガラスを突き破ってくる金属バット。
 龍子をはじめとして何人かで三角ベースをやっていたみたいだ。

「あ、悪りぃな柊」
「龍子!! 『悪りぃ』で済ますなよ~、もう少しで大怪我するところだろうが」
「そうか? 傍にいる十六夜がなんともないんだから、大袈裟だぞ」
「……次から気をつけてくれよ」
「おう」
「それから……ちづる! 金井! 富沢! 後で社長室に来い! 説教だ!!」

 大声で龍子の背中の向こうへ声をかけた。 
 横暴だとか贔屓だとか聞こえてくるがそんなのは無視。

「社長、要件は何?」
「おうおう、そうだ。どうも美響は運が悪いからな入場曲でも変えて心機一転したらと思ってな」
「……」
「そんな顔すんなって。絶対気に入るって」
「社長は恐くないの?」
「何が?」
「私の災厄」
「只のキャッチコピーにビビッてどうするよ? 事故が重なっただけでそんな体質あるもんかよ。気にすんな」
「……」
「で、曲はコレだ」




「……」
「どうだ、いい曲だろう?」
「いい曲だけど、前の曲でも変わらないと思うけど?」
「まあ、そういうな。こういうのは変えることが大事なんだよ。それに美響は影のあるヒロインが似合うからな。TVで見るソニックキャットみたいなのは無理だろう?」
「……そうですね」
「そういうことだ。まあ、ウチは何でもありだからな。気に入らなければいつでも変えろ」
「社長が選んだのであれば問題ないですよ。でも……」
「でも? 何だ?」
「災厄の体質は本物ですから……気をつけて下さい」
「だから、そんなのはギミッ――」

 ガッシャーーーン
 背後のガラスが割れて、顔の傍すれすれにガラス片が飛んできた。

「!!」
「悪りぃ!! ん? 柊、怒ってんのか?」
「……わ、わざとだよな、龍子? 偶然が二度も続かないよな?」
「おいおい、そりゃないぜ。いくらなんでも狙ってやるわけないだろ? なんでか知らねーけど、急に握力がなくなったんだよな~」
「そ、そ、そうか……き、気をつけてくれ」
「おう! いくらなんでももうねえよ」

「社長、世の中には理解できないけれど、確実に存在するものもあります。でも、私の知る限り、2度続けて災厄を逃れて、大きな怪我をせずにすんだのは社長一人ですね。社長自身が強運なのか? それとも周りをとりまく者に強運のものがいるのか? どちらにせよ、社長といると私の災厄も小さくなるようですね」
「あ、あ、あはははははは……ま、ま、任せとけ」
「不思議なのは経営もですけどね。大抵は怪我人が出る前に、資金繰りが悪化するのですけど、私の災厄以上に負の力が掛かっていて抵抗力が出来ているのかしら? ふふふ」

 入団時よりも、いい笑顔で笑うようになった十六夜美響だった。

コメントの投稿

非公開コメント

まったりとプレイ中・・・ではない
Web 恋姫†無想 張遼を育成中!
興行日程
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィールなのか?

上原 柊

Author:上原 柊
画像は、玉倉かほ様の了承を得て貼らせて頂いております。

胡蝶の夢

誰も読んでないと思うけど、恋姫話は現在↑のところで書いてます。無謀もいいとこですが、、まあいけるとこまで行くぜって感じで。

FC2カウンター
なにかあれば、コチラ
拍手する
検定
なんとなくやってみた。頑張った。
最新記事
最新コメント
リンク
なにわんGP楽しかったですねー
なにわんGP応援中!
ζ'ヮ')ζ<よみますよぉー
『4ページマンガ最前線』 | 最前線
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。