スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Episode3 天使轟臨 ~晴れ時々龍 歩むべき道~

(文:STR様)
◇◆◇ 0 ◇◆◇

Wrestle Angels PBeM

Episode1 天使轟臨 ~Angels Flying in the Supercell~

〔ストーリー〕

西暦20X1年、夏――

渾然となって馳せ巡る数多の運命の輪は、まだ見ぬ未来へとただ一心に突き進む

歴史を人間が作るのか、人間がたどった轍それそのものが歴史なのか?

されど一度、四角いリングの魔性にとらわれたならば、もはや引き返すことは叶わぬのだ

少女たちの流す汗も、涙も、すべては闘いのキャンバスを彩る画材にすぎぬのであろうか――

続きを読む

スポンサーサイト

tag : レッスルエンジェルス PBeM 上原凪

夢が走ります

「こんにちは。春の総決算、宝塚記念です」
「ちぃーすっ! 一刀、夢が走るって言うより、欲望が走ってるんちゃうのん? 真桜とか沙和なんか目の色変わっとったで?」

「……ああ、いつもの事だよ。やれやれ……警邏そっちのけなんだろうな……」
「ああ、それは凪が代わりにしとったで」

「全く、あいつらは凪ばっかりに負担かけて仕方がないな」
「まあ、そういう一刀もウチとここにいる時点で大差ないけどな、ひゃひゃひゃ」

「一応、仕事だから!」
「そういう事にしとこか」

「じゃあ、本題な。今日は基本に忠実に何が勝つか当てようか?」
「ええよ。で、勝ったらなにがあんのん?」
「はい?」
「博打やで? 伊達や酔狂でやっても面白うない。勝ったら何が貰えるか、これが大事やん。気合の入り方もちゃうしな」

「……つってもなー。当たったら配当金入るだろ?」
「一刀の国のお金やろ? ウチには何のメリットもないやん?」
「わ、わかったよ。勝ったら一つだけお願い聞いてやる。それでいいか?」
「さっすがー、よう分かってるやん! ウチ、めっちゃ気合入ってきたで!!」


予想は続きでー

続きを読む

年金の納付記録がおかしいぞ(´・ω・`)

おはようございます

「おはようございます。もう何も言いませんよ」

ちょ、ちょっと待ってー
昨日は年金の通知記録がきていてチェックしてたら、パニクッってさ

「昨日は土曜日なので公共機関はお休みですけど?」

ぐ・・・いや、だからさチェックしてたら納付月数が違うんで昔の給与明細を掘り出してチェックしてたら、遅くなってさ。

「遅くなったという事は、日付は変わってなかったんですよね?」

はぅっ(゚д゚)

「続きがあるんですよね?」

は、はい。
レッスルPBeMのアクションが届いてまして、読みふけっていて、その上、次のアクションを考えていたら寝落ちしてました(´Д`;

「それでは仕方ないですね」

許してくれるの?

「許すも何も柊さんのチラシ裏に意見は基本的にしません。ただ、定期更新というからには出来る限り期限は守って頂きたいだけですよ。それに、レッスルPBeMは凄く楽しみにしていらしたでしょ?私の妹分も出てますしね」

あ、ありがとーヽ(゚∀゚)ノ
気合入れて、次のアクション考えるよε=(・w・)フンス

「tinamiの締め切りも過ぎていることを忘れずに」

(´Д`;ソウデシタ

「まあ、レッスルPBeMは大きなうねりが起きていますから、どうなることか楽しみですね」

(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン
今日子さんも大変だけど、頑張ってね。

「まあ、向こうの私は、ここに居る私よりも人間が出来ているようですので心配はないと思いますよ」

色々絡んで頂いているので、その辺をどう組み込んでいくか頭が痛いところです。
それでは、今日はここまで。
さよーならーヽ(゚∀゚)ノ

「お疲れ様でした」

ある意味三国士ベースだから許された感がある

「こんばんは」
「こんばんは、ウチ今日疲れてんねん。無口やったらゴメンやで」

「いいよ。ゆっくりしてて」
「ありがとな、一刀」


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・


霞が休んでいる間に本題かな。タイトルどおりなんだけど、張遼が関西弁なのはどうなのか?という話。

正直、三国志なんで国の中心が洛陽であって、張遼の出身地らしき所もそんなに遠くない(大陸ベース)のでローカルな方便を使うのはどうかと思うところがあった。

寧ろ、南方(孫策など)の人の方が関西弁でも良かった気がしなくもない。

それでも、受け入れられたのは三国志ベースだから。
しかも女体化してたからだろうと思うんだよね。

仮に、日本の戦国時代で、島津義弘あたりが関西弁を使ってたらブーイングの嵐だったろうしね。

アニメ化された恋姫が中国に進出しているのかは知らないけれど、翻訳されたらどんな感じになるのかキニナルのでした。聞いた所で分からないけどねw


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・


「と、まあ、心の声でお送りしました本日のコーナー。如何でしたか? 霞が復活しそうにないので、今日はこの当たりでお別れです」

「それで、さようならー」

まじこいSをやってみるε=(・w・)フンス

こんちはーヽ(゚∀゚)ノ

「こんにちは。珍しく早い更新かと思えば、私達に全く関係ない話なんですね」

今日子さん、そう言わずに付き合ってよー

「はいはい。分かってます。貴方の性格はよく分かってますから」

ありがと^^

「まあ、今更というか……結構古いですよね?」

なんというか、ノートン先生を買いにいったついでに買い物したんでね。
ポイントの使用で現金は使用してないの。

「それなら、深くは追求しません。無駄使いはいけませんが、ポイント使用なら結構です」

そんじゃ、続きは折り返しで。


続きを読む

文句が来たw

「どうも、北郷一刀です」
「ウチは、野球王にウチはなる! 張遼や」

「霞、どうしたんだいきなり?」
「一刀の持ってた漫画、面白いのあったんよー」

「ああ。ワ◎ピースか」
「それそれ! 悪魔のみ食べてみたいな!」
「食い物か!」
「冗談や冗談! で、文句ってなんなん?」

「ああ、春蘭が『どうして私が選ばれないのだ!!』って文句いってキタ」
「はあ?」
「秋蘭が選ばれて、華琳もいるのにどうしてってことらしい。で、俺の選んだチームじゃないので分からないって言ったら、ちゃんと理由をお前が聞いて来いって言われた。で、どうして?」

「なんや、簡単なことやん。ウチ、猪、嫌いやねん。面倒みんの疲れるからなー」
「……」

「どうないしたん? 一刀」
「霞……その理由を俺が春蘭に面と向かって答えるのか?」
「せや。理由聞かれたんやろ? 教えたらなアカンやん」
「……俺に死ねと?」

「にゃははははは!! 大丈夫大丈夫やて。せいぜい半殺し程度ちゃうん?」
「嫌だよ! つーか、なんで俺が霞のチーム選抜で半殺しにされないといけないんだよ!!」

「ウチは素直に行ったほうがええと思うけどなー」
「やだよ!」
「ほな、一刀にはこっちに行ってもらおかな。ウチんとこにもな来てんねん。文句」
「はあ?」

「沙和が仲間はずれに怒っっとったし、陳宮はなんや騒いどったし、魏延もなんか吼えとったなー。あ、甘寧も爆発寸前やったな」
「はい?」
「まあ、ウチが理由説明しといたってんけど、どうも気に入らんみたいやねんなー」
「は、はい??? 何を説明したって?」
「一刀のチーム分けの理由ー。一刀の好みで選んだんとちゃうかーって。喜んどるのもいとったけど、なんや知らんけどカンカンになった奴もおったんよ。後はよろしゅうにー。ウチは春蘭に話してくるしー」

「ちょ、ちょっと! 霞さん?」


「隊長、酷いの! 私だけのけものなの!」
「いや、そういうんじゃないから」

「陳宮キィーーーーック!!」
「問答無よ――ぎゃ」

「御館様……好みなどどうでもいいが、私が蒲公英に劣るとでもいうのか?」
「だから、そういうのでは――お、落ち着け焔ゃーーーーー」

チリーン

「げぇ!? この音は――」
「北郷……貴様、私と蓮華様を戦わせるだと? いい度胸だ……相応の覚悟が出来ているのだろうな?」
「ちょ、ちょ、ちょっと待て! 遊びだ!!遊び!! ちょ、雪蓮! そこれ笑ってないでタスケテー」

「思春、死なない程度にしときなさいよー」
「……出来る限り善処致します」

「ちょ、ちょ、あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」





追記

掘り出してきたベストプレープロ野球でチームを作ろうとしたんですけど、ゲームが起動しなかった(´Д`;


昨日は頭痛が全開だった

おはよ?

「おはようございます。頭痛は治まりましたか?」

今日子さんにも心配かけたけど、とりあえずは治まった。
最近、ちょっと酷くてね(´・ω・`)

「そう思うのでしたら、病院に行って頂けると助かるのですが……」

そうは思うのだけど、色々とあるんだよ。
来月の定期健診で診てもらうからそれまでは騙し騙しやっていくから。

「……」

いや、ホントだって。
これ以上、服用する薬増やしたくないってのもあるけど、それ以上に半端ない痛みなんで絶対行くって。

「それでしたら、何も言いませんが無理はしないで下さいね」

了解ヽ(゚∀゚)ノ

「あとは、道場に顔を出してください。他の娘たちも心配してましたから」

ホント?
俺、人気ある?

「それはどうでしょうか?(笑)」

エー(´Д`;

「気になるのでしたら、ご自分で確認されてはどうですか? 今日は道場に全員揃ってますよ」

ふむ。
求心力を高める為に、ここは昼飯でも大盤振る舞いするか!?
(」・ω・)」れっつー(/・ω・)/GOにゃー




今日のお昼ご飯・・・

今から買出しヽ(゚∀゚)ノ

先週は?

「こんばんはー、北郷一刀です!」
「おはようの間違いちゃうのん? 一刀?」

「し、霞! そ、そんなの言わないと分からないんだから、しーっ! しーっ!」
「あはははは! そんなん気にせんでええよ」

「それでなくても先週がさ……」
「別にええやん。ウチは気にしてへんで」

「本当に?」
「ホンマや。まあ、ウチとのデートでそんなんしたら、只じゃ済まさんけどなー。無くなるんは腕と足どっちがええかなー?って感じやナ」
「……どこまで、本気ですか?」
「ウチはいつでも本気やで? 駆け引きとか面倒くさいやん? 勇気リンリン直球勝負?」

「m(__)mすいません! 霞さん、色々と拙いんでその台詞は勘弁してーつかーさい! がなはな波ぐらいやばいんで!」
「一刀がそこまで言うんなら、やめとく」


「ありがとう! では、気分を変えてー、もし、野球チームをつくるなら、このメンバー!」

「野球? ああ、最近、一刀が広めてるやつか。結構、面白いな、アレ」
「霞らのはちょっと激しい気がするけどな……まあ、分かってくれるならいいけど」
「まあ、ウチはやるからには勝ち狙うからな。そこいらの奴とは気合がちゃうよ」


「じゃあ、北郷チームと張遼チームを発表しあうか? 三国どこからでも選択しても構わないけど、重複複は認めない。交互に選んでいこうか」
「ええな、実際に死合してもええな!」
「……なんか、字が違うけど、試合ならいいな。先行は霞でいいよ。選んで」
「ホンマに?」
「ああ」
「それじゃ――」




続きを読む

相変わらずの……

こんばんはーヽ(゚∀゚)ノ

「はい。こんばんは」

あれ?
怒らないの?

「怒れば治りますか?」

多分、無理☆ミ

「だと思いました。だから、何も言いませんよ」

それはそれで寂しいんですけど(´・ω・`)

「……じゃあ、もう少し早く更新してください。私にだって都合と言うものがありますから」



じゃあ、気分を変えてー

♪君◎誰とキスをする~ 私とそ◎ともあの娘~(以下省略)

ということで、やりたくはないが我が事務所に投函されていた悪魔の葉書のネタを実行する

「……意味のない伏字は気にしないにしても、色々と危険な香りがします。それ以外にも嫌な予感も……」

大丈夫(だと思う)!
それに、今日子さんに選択はさせないよ。
俺が精神的に耐えられないので(´Д`;

「もしかして……」

そう、俺だ!
俺が回答者だ!

問題!
浮気でキスをするならどっち!?

A:パンサー理沙子
B:テディキャット堀

続きを読む

まったりとプレイ中・・・ではない
Web 恋姫†無想 張遼を育成中!
興行日程
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィールなのか?

上原 柊

Author:上原 柊
画像は、玉倉かほ様の了承を得て貼らせて頂いております。

胡蝶の夢

誰も読んでないと思うけど、恋姫話は現在↑のところで書いてます。無謀もいいとこですが、、まあいけるとこまで行くぜって感じで。

FC2カウンター
なにかあれば、コチラ
拍手する
検定
なんとなくやってみた。頑張った。
最新記事
最新コメント
リンク
なにわんGP楽しかったですねー
なにわんGP応援中!
ζ'ヮ')ζ<よみますよぉー
『4ページマンガ最前線』 | 最前線
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。