スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一刀、霞のそんなんでええのん?

「こんばんは」
「今日はえらい深夜にすんねんな?」

「まあ、読んでくれている(いるのか?)に人には関係ないけどね。ちょっと引継ぎが遅れてね」
「まあ、一刀がええんやったら、構へんねけど」

「今日のお題は、"呂布”だよ」
「少し前にちぃーと出てきた気もするんやけど? また?」

「色々とあってね」
「ふーん」

続きを読む

スポンサーサイト

今日子と柊の土曜が全開!

こんにちはーヽ(゚∀゚)ノ

「おはようございます。何気に誤魔化さないで下さいね。今起きたところですよね?現在12:30ですよ」

はぅ……ヽ(゚ー゚;)ノ

「休みとはいえ、気の抜けた生活は褒めたものではありませんよ」

……気をつけます
で、今日はお出かけするのでササッとおきまっしょいヽ(゚∀゚)ノ

「珍しいですね?」

まあね。
今は無きハッスルエンジェルスの社長さんと飲みにいくのさ。

「あ、あの方ですか……迷惑をかけないようにしてくださいね?」

あ、あれ?
そこまで信用ない?

「……いえ、アルコールが弱いですのに、時折、無茶をされるので……」

あ、あ、まあ、時と場合によるよ。
少し前の失態は、仕事上で仕方がなかったからね。

「それならば、安心ですが……」

相変わらず心配性だね?
今日の飲み会のテンションは――

(」・ω・)」うー(/・ω・)/にゃー
(」・ω・)」うー(/・ω・)/にゃー
(」・ω・)」うー(/・ω・)/にゃー

こんな感じだから大丈夫だよ。

「……よく分かりませんが、安心しました。明日の北郷さんとの引継ぎもあることも忘れずに」

okヽ(゚∀゚)ノ

「では、今日はここまでですね? 本当にチラシ裏状態でしたが……」

気にしませんヽ(゚∀゚)ノ
それじゃ、またねー

「皆さん、また、来週にお会いしましょう」





一刀、霞のスライド登板ありなんか?ありですw

「こんばんはー」
「こんばんはー。一刀どないしたん? 目めっちゃ腫れてるで?」

「いや、久々に小説を読み直してたんだよ」
「ふーん……それが、なんで目腫れてんのん?」

「いや、今回は三国志ネタではなくて申し訳ないんだけど、マジ泣きなんだよ。何遍読んでも同じ場所で目頭が熱くなるんだ」
「へー、何を読んでたん?」

卵王子 カイルロッドの苦難 著:冴木忍

「というのが、あってね。話すと長いとかそんなレベルではなくてさ、もう……ザーダックと娘パメラのトコとか、タジェナ山脈でのミランシャとかね。ああぁ、思い出しただけで涙でてきちゃうよ・・・」
「……読みたい」

「お? 興味湧いた?」
「一刀がそこまでいうんやから、めっちゃ気になるって!! せやけど……」

「せやけど?」
「恥ずかしい話なんやけど……ウチ、こっちの世界の文字読めんし書けへんねん……」

「なーんだ、そんなことか」
「なんややあらへん!! 話すんは不便やないけど……」

「大丈夫だって、俺も霞達のトコじゃ苦労したしね。気持ちはわかるよ。だから、俺が教えるって。漢字とか似てる部分も多いからすぐに慣れるよ」
「ホンマ?」
「うん」
「やったー!」
(……読み書きの勉強か……華琳のところじゃ実戦ばっかだったけど、雪蓮のとこは……穏がなぁ……)

「一刀、鼻血でてんで?」
「うぉっ!」
「ははぁん、一刀、なんかエロいこと考えてた?」
「ば、ばか! そんなんじゃないって!」

「スライド版はここまで!! また、日曜日に!!」
「あーー!! 一刀誤魔化したぁ!」

「誤魔化してないっ!!」
「誤魔化してるっ!!」


平和な一日でしたw


【蛇足ー】


続きを読む

一刀、霞のそんあんでええのん?02

「ちぃーすっ! 今日も始まったで、一刀!」
「……」

「ん? どないしたん? 元気ないやん?」
「……元気もなくなるよ……どんな仕組みなんだよコレ。華琳たちにまで聞こえてるなんて聞いてないし……」

「にゃはははー。先週大変やったもんな」
「大変どころじゃないって……春蘭に追い回されるわ、桂花には嫌味言われるわ、華r――いや、なんでもない。兎に角死ぬかと思ったよ!!」

「そう?」
「『そう?』じゃねぇ!! 霞も全然庇ってくれないし、それどころか悪乗りして、凪達まで加わるとか信じられねー!!」
「春蘭も桂花もいつもの事やん?」
「……まあ、そういわれればそうなんだけど……」
「まあまあ、小さいことに拘っとたら、ちっちゃい男やと思われんで」
「わ、わかったよ! もう言わない」

「さっすが、一刀! 男前やな。で、今日は何すんのん?」
「うーん……(流石に魏関連は触れると俺の命がヤバスギル……)」
「ドキドキワクワク」
「今日は」
「今日は?」

「蜀の対比をしようか」
「蜀? 劉備んとこ?」
「そうそう。じゃ、いってみよー」
「おー!!」

続きを読む

誰得が続くぜ、チラシ裏!!個人編♪

おはようーヽ(゚∀゚)ノ

「おはようございます」

じゃあ、今週も色々と全開でいくよ! 今日子さん!

「……嫌な予感しかしませんが、よろしくお願いします」

HAHAHAHA!
気のせいだよ、気のせい。
そんじゃ、公式どおり書いてても面白くないので、好き放題いくのだーヽ(゚∀゚)ノ

「……はい(止めても聞くような人じゃないですね)」

それでは第一の犠牲s――じゃなくて、名誉ある1人目の紹介はこの娘です


続きを読む

一刀、霞のそんなんでええのん?-01-

「おはよう!」
「おはよう!って、めっちゃ早いやん!? いま朝の5時やで? 一刀いつもお寝坊やのに、どないしたん?」

「ははは、何気に酷いな霞は」
「だって、ホンマやん? いっつも凪かウチが起こしにいってるのん忘れたん?」

「それは置いておこう……今日は世界を飛び出してのお仕事だから、気合入れてるんだよ」
「まあ、よう分からんけど……そうしとくわ。で、ここは一刀の国なん?」

「まあ、そうであってそうでないような……でもかなり近いかな」
「ふーん……ちょっと変わってんね?」

 スタジオを見渡して、不思議そうに呟く霞。

「まあ、俺も初めてだけどね。TVとかでは見たことあるんだけどさ、こういうスタジオ。ま、華琳達のところに聞こえてるわけじゃないし、適当でいいんじゃないかな」
「てれび? すたじお?」
「細かいことは気にしないで始めようか?」
「? まあ、ええけど」

「それでは、一刀と」
「霞の」
「「そんなんでええのん?」」

続きを読む

今日子と柊の土曜が全開!-01-

こんにちはヽ(゚∀゚)ノ

「こんにちは、上原今日子です。よろしくお願い致します」

堅いなー、今日子さん堅いなー。
もっと柔らかくいこうよー。

「……いや、まあそれはそうとして、何故名前で呼ばれるのですか? 珍しいですね?」

まあ、一応、俺も“上原柊”で通してるからね。ちょっと、ラフにいこうかと(゚∀゚)

「まあ、構いませんが……それで、顔文字が多いのですか?」

うん。
種類は少ないけどね。それの方が堅苦しくないかなって?

「それで、今日はどのような形で進められるのですか? 何も聞いてないのですけれど?」

何も言ってませんし、決めてませんからε=(・w・)フンス

「……」

あー、ごめんなさい、ごめんさない!!m(__)m
そんな呆れた顔しないで~

「……付き合いが長いとはいえ、行き当たりばったりなのは変わりませんね。葉月でももう少し考えてますよ?」

まあ、初回だし、誰得?マイ団体紹介からいきますか?
一応、主力は決まってるけど、回りは流動的なのでー。昔より変化してるかもね。

「ということは、龍刃道場の方でよろしいのですか?」

(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン


折り返し↓

続きを読む

4月バカなのか!?

どうも!
4/1ということで、何をしても後で「嘘ぴょーんヽ(゚∀゚)ノ」で済まされるので適当にやってみようかと。

「その割りには、ギリギリというかupの頃には日付が変わってそうな時間に書いてますよね?」

いや、上原さんそれは言いっこなしでw

「まあ、いつもの事ですけどね。STR様の例のアレは順調ですか?」

ああ、あれね。凄く楽しませてもらってるよ。
上原さんも出てるじゃん?

「ですが、あちらは、あちらの私であって私ではないので」

そりゃそうか。
まあ、それはそれとして感想はない?

「まあ、私の従妹を出すあたり……言わないでおきましょう」

ええ?
むっちゃ、気になるやん?

「急に関西弁でどうされたので?」

いや、元々関西の人なんで。
こっちの方が書きやすいんだけど、全国的には関西弁受け悪いじゃない?

「そんなことはないと思いますが?」

そうかー?

「ちょっと、待ったぁぁぁぁ!!!!!!!」

な、なんだよ!?

「ちぃと、今の言葉聞き捨てならんで!」

げぇ!! 張遼!!

「いや、そこは関羽では?」

上原さん、ツッコミ入るのはいいんだけど、そんな冷静に言われても……

「なにグダグダ言うとんねん!! 関西とか知らんけど、ウチの言葉使いが受け悪いとか、ええ覚悟しとんな?」

い、いや、そんな凄まれても困るんですけど(´Д`;

「おい、霞。ちょっとお世話になるんだから、そんなに凄まない凄まない」
「せやかて、一刀ぉ」
「大丈夫。霞の魅力は俺が一番知ってるから♪」
「♪」

お、おい、むっちゃ自分等の世界作ってんねんけど……

「で、これはどういう趣向で?」

いや、マジで冷静だね? 上原さん?

「まあ、葉月とか理沙子につき合わされてると大抵のことには免疫が出来てるもので……」

あー……納得。

「で、柊さん。俺達を呼んだのはどういう事なの?」

北郷くん、君もマイペースだね……
まあ、それの方が話もしやすいけどさ。

「ありがとうございます。俺もそんな長居は出来ないので手短にお願いします。華琳達に怒れるんで^^」

了解……君も苦労が絶えないね。
じゃあ、要点だけ。

週末限定で、コーナーを設けようと思ってね。
ネタも限りがあるんで、俺と北郷くんとで分担してやろうかなって。
何をやってもいいから。

土曜日が、俺と上原さん。
日曜が、北郷くんと張遼さん。

「分かりました。出来る限り協力しますよ。いいね、霞?」
「まあ、ウチは一刀がええんなら、かまへんよ」

じゃあ、決まりで。
上原さんもよろしく。

「はい。精一杯やります」

ということで。
4/1のupは終わり。

嘘か真か!?




つづく!?






まったりとプレイ中・・・ではない
Web 恋姫†無想 張遼を育成中!
興行日程
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィールなのか?

上原 柊

Author:上原 柊
画像は、玉倉かほ様の了承を得て貼らせて頂いております。

胡蝶の夢

誰も読んでないと思うけど、恋姫話は現在↑のところで書いてます。無謀もいいとこですが、、まあいけるとこまで行くぜって感じで。

FC2カウンター
なにかあれば、コチラ
拍手する
検定
なんとなくやってみた。頑張った。
最新記事
最新コメント
リンク
なにわんGP楽しかったですねー
なにわんGP応援中!
ζ'ヮ')ζ<よみますよぉー
『4ページマンガ最前線』 | 最前線
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。