スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第十戦:明日のちづると逢うために

「やってきました最終戦! 11月中に終わらせようというのが見え見えの更新ですね。というわけで、いつも通り実況はこの私、富沢レイでお送り致します。それと、最終戦のゲストを紹介しましょう。サンダー龍子さんです」
「よぉ。ま、よろしく頼むよ」
「何故か今日は無観客マッチですがどうしたんでしょうか?」
「まあ、言わなきゃわかんねーんだから言うなよ」
「いえいえ、状況をつぶさに伝えるのが仕事ですから」
「よくいうぜ、いままでも大したことしてねーだろ?」
「これはキツイお言葉! しかし、こんなことではめげない富沢です! で、どうしてです? あ! まさか? ついにエロエロマッチ?」
「なんで、そうなるんだよ! 違うよ。相手を見てみな」
「は、はい……えー!? 上原さんですか?」
「そういうこった。まあ、本当は私が相手する予定だったんだけどな、上原さんがどうしても代われって言ってこうなった」
「それはまたどうして?」
「まあ、あの人らしいというか、ちづるの成長を肌で感じたいんだと」
「ということは……試合ですか?」
「馬鹿いうな。私ですら勝てるかどうか怪しいのに、ちづるでどうにかなるもんでもないから変則のスパーリングだよ」
「勝敗は?」
「相手より先に技をかけられるかどうかだな」
「それだけ?」
「ああ、それだけだ」

続きを読む

スポンサーサイト

第九戦:震える山(後編)

「はい。皆さんお疲れ様でした~」
「……」
「……」
「……」
「……」

「あれ? 皆さんどうされましたか? こう、『やったー』とか『きー悔しいっ』とか盛り上がってくれないと困るんですけど?」

「誰ですの!? 呂布さんをあんなに強い馬に乗せるなんて卑怯な真似をしたのわ!?」
「せやで、あれはないよな~」

「うーん、やっぱりウォッカ強かったね~」
「あれはあれで仕方ありませんわね」

「こらーっ! レッスルチームは空気呼んで下さいって言ってるじゃないですか! 特にそのおっぱい馬鹿は黙れ!! 市ヶ谷さんはそのままでもいいんですけど、隣の馬鹿を黙らせて頂けるとこっちとしては助かるんですけど……」
「だ、誰がおっぱい馬――ぷぎゃ」
「私以上に目立つんじゃありませんわ!!」

「馬鹿も沈黙しましたので、結果発表と行く前に1着的中者が居なかったので、ポイント制で決着をつけます。ポイントは次の通りです」

1着:20点/2着:15点/3着:13点/4着:11点/5着:10点
6着:6点/7着:5点/8着:4点/9着:3点/10着:2点
11着:-2点/12着:-4点/13着:-6点/14着:-8点/15着:-10点
16着:-13点/17着:-15点/18着:-20点

続きを読む

なんとなく書いてみた……もうすぐ出走です

「なんかこう、パァーっと面白いことないかな? なあ、凪?」
「霞様、そのような事をいきなり言われましても困るのですが……」

「なんでもええんやで。一刀と夜な夜などんなことしてるん?」
「し、し、霞様!! じ、自分は隊長を尊敬してるのであって、そ、そ、そのような……そ、それに!! い、今は警邏中です!! 部下にも示しがつきませんので、ふざけないで下さい!!」

「凪は、真面目やな~。せやけど、警邏中いうたってなあ……こんな辺境のブログに来たって何もないで?」
「何もないことは良い事です。平和であればそれで。それに、霞様は今日試合ではありませんでしたか?」

「それいうたら、凪かてレースにでるんやろ?」
「はい。自分は時間になったら向かいますが、霞様は会場にずっといらっしゃらなくて大丈夫なんですか?」

「ええねんええねん。一刀もおらんし、袁紹の相手なんかずっとしてられるかいな……はあぁ。いくら一刀の頼みいうたかて断わりゃよかったかな~」
「そんな事は仰らないで下さい。隊長には隊長の考えがあるのでしょうし、霞様を信頼されての事だと思いますから」

「……分かった!! いつまでもうじうじ言うてんのはウチらしいないな。でも、ウチも息抜きくらいしたいから、時間まで凪と散歩でもしとく。ええやろ?」
「そういうことであれば、喜んでご一緒させて頂きます」

「ああっもう。凪は真面目やな~。そんな堅苦しなくてもええのに、な♪」
「し、霞様!! どこを触ってるんですか!? ち、ちょっとお止め下さい」

「いーやーや♪ 息抜き息抜き♪ かわいーな凪は♪」
「あ。や、やめて……し、霞様」

第九戦:震える山(前編)

「十番勝負も第九戦を迎えました。実況は私、富沢レイがお送りします。開場前に控え室を覗いたところ、永原陣営はリラックスムードでした。前回の初勝利が暗い空気を振り払ったのでしょうね。それでは、今回の解説のゲストを紹介致します!」
「おーーほっほっほっほ! 全国6000億人のファンの皆様、お待たせいたしました! 世界で最も強く、世界で最も美しく、世界で最も愛されているビューティ市ヶ谷ですわ!」
「おーーほっほっほっほ! 三国一の名門袁家の才媛、袁本初とは私の事ですわ!!」
「いやあ、ステレオ状態で高笑いを聞くと意識が飛びそうになるね」
「「何か言いまして」」
「いえ、お二人のお声に聞き惚れていたと言いました」
「「当然ですわね」」
「(駄目だこりゃ)ええと、次に進めたいのですが宜しいでしょうか?」
「仕方ありませんわね。今回こそはまともな試合を期待しますわよ」
「いきなり呼ばれて来てみたものの、何をしろと仰るのかしら!?」
「それも含めて説明します」
「さっさと進めなさい!」
「説明することを許しましょう!」
「(うわー、酷いよこの人ら)……進めさせて頂きます」

続きを読む

第八戦:迫撃!トリプルバカ

「さあ、試練の十番勝負も終盤戦。今日は第八戦となりますが、現在の戦績は7戦全敗。さてさてどうなることやら。実況その他全般担当の富沢レイです。そして、今回のゲストはこの人をお呼び致しました」
「川神百代だ。よろしく」

続きを読む

何でも一番、電話は二番、スターラークにおい出ませ

「彰子~」
「何でしょうか? 社長」
「かねてから、お前用に考えてた入場曲を入手したんだ」
「入場曲? いえ、別に自分はそのようなものはいらな――」
「歌うのは、おぼた●しさんだ。残念ながらというか流石に、モッチーVer.は無かったよ」
「……。あの……社長?」
「なに? 彰子が歌うのか? モッチーみたいに。俺は別に構わないというか、そっちの方がOKだが?」
「……す、すいません。それだけは……」
「なら、俺の歌を聞けーーーー!!」
「あの……三度、同じようなんですが? 自分は、龍子さんや上原さんのようなツッコミが出来ません」
「こ、細かい事は気にしないんだぜ! どぞ!」

続きを読む

来ぉい!! サムライオーーーン!!

「今日子~」
「なんですか? 今、新人のトレーニングを見ているんですから。用なら後にして下さい」
「そう言うなよ。今日子用に考えてた入場曲を入手したんだからさ」
「はい? そんなこと初耳ですが?」
「歌うのは片●烈火さんだ」
「スルーしないで下さい! っていうか伏字にするぐらいなら使わないで下さい!!」
「なら、今日子が歌うか? モッチーみたいに。俺は別に構わないというか、そっちの方がOKだが?」
「……な、何を言ってるんですか!!」
「なら、俺の歌を聞けーーーー!!」
「いや、社長の歌じゃないでしょう、どこのマク■スですか!!」
「細かい事は言いっこなしだぜ! どぞ!」
「何故か、前回と似たようなやり取りですね?」
「い、いいから、ほら。ニコ動、どぞ!!」

続きを読む

第六戦:ジャーマンをねらえ! 果てし無き、流れのはてに…

※第五試合は別会場でにて開催、結果はこちら⇒

「今試合でようやく六試合を消化するに至りました永原十番勝負。伊達先輩の同情票を獲得した以外は目立ったところがない永原選手。後半戦初戦となる今日の試合をどう乗り切るのか? 過度の期待を持たずに実況を進めていこうと思っています富沢レイです」
「あら? 同じ仲間なのに冷たいのですのね? 富沢さん」
「いや、別にそういうつもりじゃないんですよ。お約束というかそういうのです。ゲストから突っ込みを入れられるのは久しぶりのような気がします。では、本日のゲスト解説者の紹介です。アマノカズミさんです。よろしくお願いします」
「はい。こちらこそお願いします」

「では、今日は参戦されたタカヤノリコ選手についてお伺いしたいのですが? どのような選手ですか?」
「そうね。ノリ……いえ、タカヤさんは運動能力は素晴らしいものを持っています。ただ、同時に2つ以上のことが考えられない不器用さも持っています」
「そうですか……あの、よかったら普通に話してもらって大丈夫ですよ。ウチの主催者はカタイのが嫌いですから」
「そう。なら、お言葉に甘えさせてもらうわ」
「はい、ありがとうございます。では、挑戦者の永原選手と似たようなところがあるのでいい勝負になるとイイデスネ」
「いえ、いい勝負ではなく沖女代表として勝ってもらいたいわ。それと、最後の方が棒読みですが、どうかしまして?」
「いやまあ、またキャラが被ってるなあと思っただけです。それではリング上にカメラを戻してみましょう。既に両者はリングインを済ませて睨み合ってますね~」


続きを読む

やぁぁってやるぜー!! ヤリパンサー!!

「龍子~」
「なんだよ、今、トレーニング中なんからさ。用なら後にしてくんないかな?」
「そう言うなよ。お前用に考えてた入場曲を入手したんだ」
「はあ? そんなのいらねーって言っただろ」
「歌うのは片●烈火さんだ」
「スルーすんなよ! っていうか伏字にするぐらいなら使うなって!!」
「なら、龍子が歌うか? モッチーみたいに。俺は別に構わないというか、そっちの方がOKだが?」
「……ごめん……」
「なら、俺の歌を聞けーーーー!!」
「いや、社長の歌じゃないし、どこのマク■スだよ、それ」
「細かい事は言いっこなしだぜ! どぞ!」

続きを読む

第五戦:訂正してやる(笑)

「実況の富沢です。豆腐屋の哲さん、Dolphinさんからコメントを頂き、それを元に第五試合?を組ませて頂きました。ゲスト解説は、久遠寺夢さんと南斗星さんを迎えております。よろしくお願い致します」
「お願いします。でも、夢でいいのかな?」
「ファイトだよ、夢!」
「そうだよね。折角のチャンスだもんね。夢がんばるよ」
「まあ、気負わずにでいいですよー。で、対戦相手なのですが、主催者にツテがなく招待するにあたり、色々と問題がありまして【ちづる電脳世界に挑む】という実験になっております。『ごみばこポイポイのポイよ!』『ミラクルダウンロード!!』とか期待されていた方ゴメンさない。主催者の無力さをお許し下さい」

「えー!? 実験? 聞いてないよ!!」

「リングで馬鹿が何か言ってますが気にせずにいきましょう。某電脳世界に入ると256倍の処理能力が身につきながらも人間としての判断ができるという素晴らしい世界なのですが、ジャーマン馬鹿が256倍になったらどうなるのか知りたいところです」

「それって、危ないんじゃないのかな?」
「久遠寺さんの質問はごもっともです。運が悪ければ現実世界に帰ってこられずに植物人間になってしまう可能性があります。でもまあ、そんなのは些細なことです」

「こらー!! 些細なことじゃないでしょ!!」

「あーあー聞こえナーイ。さっさとご都合主義全開で行きましょう!! チャットルームなんか関係なしにちづるを飛ばしちゃいますよ。ポチっとな」

「ちょ、ちょ、ちょっと待――うっ(ガクッ)」

「はいはーい。成功成功♪ ぶっ飛んだようね」

「またいいかな?」
「なんですか? 久遠寺さん」
「電脳世界って、夢達は見れないような気がするんだけど?」
「……」
「……」
「……あ、おなかすいてきた」

「……今日の実験は失敗ってことで♪」
「いいのかな~?」


第五試合?
永原ちづる電脳世界に挑む → 失敗?


※夢ちゃん、南斗星さんのキャラがおかしいかもしれませんが、それも仕様ということで(笑)まじこいのせいで、きみあるの記憶がぶっ飛んでるもんで(笑)一子ぉ、京ぉ~(笑)
まったりとプレイ中・・・ではない
Web 恋姫†無想 張遼を育成中!
興行日程
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィールなのか?

上原 柊

Author:上原 柊
画像は、玉倉かほ様の了承を得て貼らせて頂いております。

胡蝶の夢

誰も読んでないと思うけど、恋姫話は現在↑のところで書いてます。無謀もいいとこですが、、まあいけるとこまで行くぜって感じで。

FC2カウンター
なにかあれば、コチラ
拍手する
検定
なんとなくやってみた。頑張った。
最新記事
最新コメント
リンク
なにわんGP楽しかったですねー
なにわんGP応援中!
ζ'ヮ')ζ<よみますよぉー
『4ページマンガ最前線』 | 最前線
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。